menu
  1. 関節痛にはボルタレンがオススメです
  2. 関節リウマチの原因について
閉じる
  1. 寒い時期に風邪が流行ってしまう理由
  2. 疲労回復ににんにく注射をしてみよう
  3. 突然襲われる偏頭痛の原因
  4. 鎮痛剤の購入は個人輸入代行がお得です
  5. 合併症が怖い痛風について
  6. 関節リウマチの原因について
  7. 変形性関節症の原因について
  8. 関節痛にはボルタレンがオススメです
閉じる

関節痛にはボルタレンがオススメです

ボルタレン

ボルタレンは関節痛などによく利用されている痛みや炎症などを抑えることができる非ステロイド系抗炎症薬です。
錠剤や座薬などは劇薬指定されていて、他の解熱鎮痛剤と比べても最も作用の強い薬と言えるでしょう。

ボルタレンはノバルティス社が製造・販売している鎮痛薬で、主成分はジクロフェナクナトリウムになっています。
鎮痛や解熱・抗炎症剤などに分類されていて、身体に起こる炎症や痛み・発熱などの原因とされている「プロスタグランジン」という生体心理のものができる量を少なくすることが可能です。
このような効果によって炎症や浮腫、筋肉の痛みや関節痛などの痛みを軽減したり、発熱がある場合は熱を下げることができます。

ボルタレンは関節痛などの炎症を抑える非ステロイド系の抗炎症薬でさまざまな形でリリースされていますが、同じ成分を配合した錠剤や座薬は市販薬にはなく病院で処方してもらうことになります。
錠剤や座薬に対して塗り薬や湿布は幅広く使用されていて、同じ成分を配合している市販薬を購入することが可能です。

長期間使うことはなるべく避けるように推奨されていますが、座薬などのように劇薬としては指定されていません。
優れた抗炎症作用があるので特に肩こりや腰痛・関節痛などに効果を現すので、幅広い世代の人が利用しています。
ボルタレンはロキソニンなどと同じく痛みや発熱などを抑えることができる解熱鎮痛薬です。
NSAIDsと呼ばれているグループに分類されNSAIDsは別名「非ステロイド性抗炎症薬」と呼ばれていて、抗炎症作用や鎮痛作用・解熱作用などを持つステロイドホルモンを含まない薬剤の総称です。
解熱鎮痛剤はこのNSAIDsにほとんど属するので、処方薬や市販薬など幅広く利用されています。

薬の形状や種類も豊富でボルタレンは飲み薬や座薬、塗り薬や湿布があり、ロキソニンの場合は飲み薬や塗り薬、湿布や目薬などがあります。
使用方法がそれぞれ異なりますが関節痛などにかなり効果的です。

ロキソニンとの比較検証

ボルタレンはプロスタグランジン成分を含んでいて、ロキソニンなどと同じNSAIDsと呼ばれている解熱鎮痛薬に区分することが可能です。
ボルタレンはよくロキソニンと比較されますが、使用方法が少し異なったりいくつか副作用があるので注意して利用しましょう。

抗炎症作用の強さに関して、ボルタレンはロキソニンよりも強いと言われています。
ボルタレンはジクロフェナクナトリウムを主成分としていて、解熱鎮痛剤の中でも抗炎症作用が最も強い薬です。
手術後などの強い痛みが予想される場合、頓服薬としてよくボルタレンが処方されますが常用する医薬品ではありません。

ロキソニンは解熱鎮痛剤の中でもジクロフェナクナトリウムの次にその作用が強いと言われているロキソプロフェンナトリウムが主成分です。
ボルタレンとは違って同じ成分の市販薬がなく、成分から考慮すると解熱鎮痛剤として強さはボルタレンの方がロキソニンより強いと言えるでしょう。
即効性に関してボルタレンはロキソニンよりも優れていて服用してから最短でロキソニンは15分で効果が現れ、ボルタレンは30分で効果が出ます。
ロキソニンの方が即効性があり、ボルタレンで即効性が欲しいなら座薬がおすすめです。
早ければ10分で効果が現れるので即効性を期待することが可能です。
個人差によって現れ方は異なるのであくまで目安になります。

持続時間はボルタレンとロキソニンはほぼ同じです。
ボルタレンの座薬の持続時間は6~8時間で、ロキソニンは5~7時間ぐらいになります。
血中濃度が半分になる時間を「半減期」と言いこれ以降薬の効き目が弱くなっていきますが、ボルタレンは1.3時間でロキソニンは1.2時間です。
どちらもそれほど差はなくボルタレンとロキソニンは服用する間隔を4~6時間空けなければいけません。
追加で薬を服用するととり過ぎることもあるので注意が必要です。
それぞれ副作用がいくつかあるので説明書をよく確認してから服用しましょう。

関連記事

  1. にんにく注射

    疲労回復ににんにく注射をしてみよう

  2. 個人輸入代行を利用する男性

    鎮痛剤の購入は個人輸入代行がお得です

  3. ストレスを感じる女性

    突然襲われる偏頭痛の原因

  4. 加湿器

    寒い時期に風邪が流行ってしまう理由

  5. 変形性関節症の疑いがある男性

    変形性関節症の原因について

  6. 痛風に悩まされる男性

    合併症が怖い痛風について

おすすめ記事

  1. 関節リウマチの原因について
  2. 関節痛にはボルタレンがオススメです

ピックアップ記事

  1. 加湿器
    寒い時期になると毎年風邪が流行します。冷たい風が体に当たることで、体が冷えて風邪をひくから暖かい…
  2. にんにく注射
    慢性的な疲労や倦怠感、長年の肩こりなどに悩まされている方は多いのではないでしょうか?疲労や倦怠感は目…
  3. ストレスを感じる女性
    偏頭痛をお持ちの方は本当に辛い思いをされていると思います。あの頭をかち割ってしまいたいぐらいのド…
ページ上部へ戻る